マウスピース矯正(インビザライン)|三鷹miki矯正歯科(矯正認定医の歯列矯正をお安い費用で)

  • 日本矯正歯科学会認定医による矯正治療
  • 日曜日診療(月1回)
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

初診予約・お問い合わせ

  • 子ども矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中
  • 0422-40-3030
  • 東京都三鷹市下連雀3-30-12

マウスピース矯正(インビザライン)

三鷹miki矯正歯科がおすすめする目立たないインビザライン矯正

マウスピース矯正

三鷹miki矯正歯科では、お子さんから大人までマウスピース型矯正装置「インビザライン(インビザラインファースト)」での歯列矯正が可能です。インビザラインは、矯正治療のネックでもあった「見た目」に配慮した審美性の高い矯正装置です。取り外しもご自分でできるため、歯磨きやお食事の際にストレスを感じません。

当院では、マウスピース型矯正装置インビザラインで快適な歯列矯正を受けていただけるよう、無料の矯正相談を実施しておりますので、歯並びや咬み合わせについてお悩みの方はぜひ、ご相談ください。

快適な矯正を実現するインビザライン矯正装置について

歯の表面にブラケット(留め具)を取り付けてワイヤーで引っ張る一般的な矯正装置は、矯正力が高く、どのような症例にも対応が可能な反面、装置が目立つのが悩みの種でした。実際、歯並びや咬み合わせの改善を検討しながらも、装置の見た目が気になり、治療に踏み出せなかった方も大勢いらっしゃると思います。

しかし現在では、審美性に優れたマウスピース型矯正装置インビザラインで周囲の目を気にせず、矯正治療を受けることが可能です。当院おすすめのインビザラインの特徴についてご紹介します。

透明だから気づかれにくい

透明

矯正治療に使用するマウスピースは、薄くて透明な素材で作製されているため、装置が目立ちません。周囲の方にもほとんど気づかれずに治療を行えますので、接客業や人前に出るお仕事の方にもおすすめです。

装置を自分で外せる

装置を自分で外せる

マウスピース型の矯正装置は取りはずし・装着がご自分で簡単にできます。そのため、お食事や歯磨きは、普段通り何も気にせずに行っていただくことが可能ですので、煩わしさを感じることはありません。

アレルギーの心配がない

アレルギー

一般的な矯正装置は、金属のブラケット(留め具)やワイヤーを使用するため、金属アレルギー等のリスクがあります。しかし、インビザラインで使用するマウスピースはポリウレタン製で金属を一切使用していないため、アレルギーの方も安心して治療に集中できます。

通院回数が少ない

通院

治療に使用するマウスピースは、1~2週間を目安に患者さん自身が新しいものに交換します。そのため、装置の調整のために頻繁に通院する必要がありません。通院頻度は1.5~3ヵ月に一度でOKです。

痛みや違和感を感じにくい

痛みや違和感

薄くて柔らかい素材のため、歯や歯茎にピッタリとフィットし、違和感を感じにくい設計となっています。さらに、歯の移動に伴う痛みに関してもワイヤー矯正に比べて、感じのくいのが特徴です。

発音にも影響が少ない

発音

インビザラインのマウスピースは、厚さが約0.5㎜と薄いため、装着時の異物感をほとんど感じません。そのため、一般的な矯正装置に比べて発音や滑舌が快適に行えます。

歯の動きを確認できる

クリンチェックと呼ばれる専用ソフトによって、治療前に歯の動きをシミュレーションで確認することができます。ご自分の歯がどのように改善するのか確認することで、治療へのモチベーションを高めることができます。

適用症例が多い

適用症例

インビザラインは、歯を大きく動かすような重度の症例には適応出来ない場合もありますが、基本的には、10代のお子さんから大人、部分矯正から全顎矯正まで幅広い症例に対応することが可能です。

治療実績が豊富

治療実績

これまで世界100カ国以上の国々でおよそ600万人以上(※2018年12月時点)の方が、インビザラインで矯正治療を行っているという豊富な実績があります。

3Dスキャナー「iTero」による快適・精密印象が可能です

iTero

三鷹miki矯正歯科では、マウスピースを作製するために必要な歯型の採取に3Dスキャナー「iTero」を使用しております。iTeroによる光学印象では、歯型の採取に従来使用されていた粘土のような材料を一切使用しないため、嘔吐反射がある方やお子さんでもスムーズかつ精密な歯型を採取することができます。

マウスピース型矯正装置インビザラインによる非抜歯矯正治療

非抜歯矯正

三鷹miki矯正歯科では、患者さんの天然歯をできるだけ保存することを心がけ、非抜歯矯正に努めております。歯並びや顎骨のスペースによっては、やむなく抜歯を選択する場合もありますが、遠心移動やIPR法を併用することで歯を抜かずに歯列を改善できる場合もあります。

遠心移動で適切なスペースを確保

歯の遠心移動遠心移動とは、歯を現在ある位置から奥歯側へ少しずつ移動させることによって、歯が収まるスペースを確保する方法です。

マウスピース型矯正装置インビラインは、特にこの後方への移動と相性が良く、これまで多くの症例で非抜歯矯正を実現してきました。インビザライン以外でも、矯正用インプラントを用いることでスムーズな遠心移動が可能です。

歯幅を小さくするIPR法(ディスキング)でスペースを獲得

IPR法(ディスキング)IPR法(ディスキング)は、歯の1番外側にあるエナメル質を0.2㎜~0.5㎜削り、歯幅を小さくすることで矯正に必要なスペースを確保する方法です。

ワイヤー矯正でも一般的に行われている方法ですが、インビザラインは事前のシミュレーションによって、どの位歯の切削が必要かも把握することができるため、より綿密な治療計画を立案できます。※IPR法による、歯の健康被害や痛みはありませんのでご安心ください。

マウスピース型矯正装置インビザラインで改善可能な不正咬合

マウスピース型矯正装置インビザラインは、前歯の数本の部分的な矯正から全顎的な矯正まで幅広く対応しています。インビザラインで改善可能な不正咬合は以下の通りです。
※骨格に問題がある、大きく歯を動かす等の症例には適応できない場合があります。

上顎前突(出っ歯)

出っ歯

上の歯や顎が前方に出ている、または、下の顎が後退している歯列です。事故で前歯を損傷するリスクが高く、お口の乾燥により虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。

叢生(八重歯など)

叢生(八重歯など)

歯がばらばらに生え、部分的に重なっている歯列です。審美障害をはじめ、歯磨きが適切に行えず虫歯や歯周病リスクが高いなどの問題があります。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間がある歯列です。歯間に汚れが溜まりやすく虫歯や歯周病のリスクが高くなります。更に、隙間から空気が漏れるため、発音にも支障がでます。

過蓋咬合(ディープバイト)

過蓋咬合(ディープバイト)

上の歯の咬み合わせが深く、下の歯を覆う歯列です。下の歯が上の歯の歯茎に当たり、痛みや炎症が生じたり、顎骨に大きな負担がかかったりする歯列です。

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト)

奥歯が咬み合わさっている状態で上下の前歯に隙間ができる歯列です。適切な咀嚼ができないため、胃腸などの消化器官に大きな負担がかかります。また、発音障害や虫歯などのリスクが高いことも特徴です。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

下の歯や顎が前方に出ている、または、上の顎が後退している歯列です。審美障害や発音障害をはじめ、適切な咀嚼が行えないことによって消化器官への負担が懸念されます。

三鷹でマウスピース型矯正装置による快適な矯正治療は当院へ

マウスピース型矯正装置

東京三鷹で、目立たない・取り外せる・痛みが少ない快適な矯正治療をご希望の方は、マウスピース型矯正インビザラインによる歯列改善をご検討ください。当院では、可能な限り天然歯を維持していただけるよう、遠心移動やIPR法を併用する非抜歯矯正を心がけています。また、歯並びについてお悩みの方が安心して矯正治療を開始できるよう、無料矯正相談やセカンドオピニオンを実施しております。

無料相談では、患者さんに理解を深めていただけるよう口腔内写真・レントゲン写真・歯列の移動を確認できるシミュレーション動画などを用いて、丁寧な治療説明を行っております。東京都三鷹で歯並び・咬み合わせの改善をご希望の方はぜひ、三鷹駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る