受け口の歯科矯正治療例|三鷹miki矯正歯科(目立たない歯列矯正をお安い費用で)

(2020年10月より)一部診療日・診療時間変更のお知らせ

  • 矯正歯科治療を専門に行う歯科医師
  • 日曜日診療(月1回)
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

初診予約・お問い合わせ

  • 子ども矯正/大人矯正
  • 矯正相談実施中
  • 0422-40-3030
  • 東京都三鷹市下連雀3-30-12

受け口の歯科矯正治療例

受け口(下顎前突)の症状について

※矯正治療は自費診療となります。

受け口(下顎前突)

受け口は、下顎や下の前歯が前方に出ていたり、上顎が正常な位置より後退していることで生じる不正咬合で正式には「下顎前突(かがくぜんとつ)」といいます。(※正常な歯列は上顎が下顎よりも少し前方にあるため「反対咬合」とも呼ばれることもあります。)

受け口(下顎前突)は、前歯の咬み合わせが悪いため、よく噛めない、発音や発声が上手くできない、顎関節に負担がかかる、下顎の突出による審美性の低下などが懸念されます。

消化器官(胃腸)への負担が大きくなる

消化器官(胃腸)への負担上下の前歯の咬み合わせが悪いため、食べ物を噛んだり、飲み込んだりすることが難しい場合があります。

よく噛めないことによって、食べ物を大きなままで飲み込むようになり、胃腸など消化器官への負担が大きくなります。

顎関節症になりやすい

顎関節症受け口(下顎前突)の度合いにもよりますが、食事の際に顎のズレを補正しようと噛める状態に顎を動かしたり、前歯で噛めないことによって奥歯の使用頻度が高くなると顎や顎関節への負担が大きくなり、受け口の症状悪化や顎関節症になりやすくなります。

審美面への影響

審美面受け口(下顎前突)は下顎が前方に出ていることにより、顔が長く見える、顎がしゃくれたようになるなど、審美面への悪影響が大きく、コンプレックスに感じる方も多いです。

発音や滑舌が困難(発音障害)

発音や滑舌受け口(下顎前突)は、発音の際に空気が必要以上に漏れ、正常な発音が困難となります。

特にサ行・タ行の発音が難しく、滑舌も悪くなるため、スムーズなコミュニケーションが取れない場合があります。

受け口(下顎前突)の原因

遺伝

上顎が小さかったり、下顎が大きかったりなどの骨格的な問題で受け口(下顎前突)になっている方は、遺伝の影響が考えられます。

歯軸の傾き

上顎や下顎の骨格的な問題がない場合でも、上顎の前歯が舌側に傾いていたり、下顎の前歯が前方側に傾いていたりすることで、受け口(下顎前突)になります。

幼少期の悪習慣

顎を突き出す癖や口呼吸によるお口周りの筋機能の低下、舌で下前歯を押すなどの悪癖によって、受け口(下顎前突)になりやすくなります。

受け口(下顎前突)の基本的な治療法

受け口(下顎前突)には、一般的な矯正による歯の移動で改善が行える「歯槽性反対咬合」と外科的な処置が必要な「骨格性反対咬合」があります。

歯槽性反対咬合

下顎前歯の傾斜によって、受け口になっている状態を「歯槽性反対咬合」と言います。通常の矯正装置を用いて、上顎前歯の前方傾斜や下顎前歯の後方傾斜によって正常な歯並びへと誘導します。他の不正咬合や悪癖の改善なども並行して行う場合が多いため、約1年~2年半程が治療期間の目安となります。※矯正治療終了後は、リテーナーを使用して、歯の後戻り防止を行っていきます。

骨格正反対咬合

骨格的な問題で受け口(下顎前突)になっている状態を「骨格性反対咬合」と言います。骨格的な問題が大きな場合には、通常の矯正治療だけでは改善が難しいため、外科手術を行い、顎骨のバランスを整えます。外科手術を伴う矯正治療には、手術前の矯正治療・外科手術・手術後の矯正治療と3段階の処置が必要となるため、約1年半~3年半が治療期間の目安となります。※矯正治療終了後は、リテーナーを使用して、歯の後戻り防止を行っていきます。

外科的な矯正治療の良い点(一例)

  • 骨格的な問題を解決することで、歯に大きな負担をかけずに受け口(下顎前突)の症状を改善できる。
  • 直接的な骨へのアプローチによって、下顎の突出が改善されるため審美性が高くなる。
  • 外科的な矯正が必要な場合には、保険適用で矯正治療が受けられる。

外科的な矯正治療の注意点(一例)

  • 全身麻酔下での大掛かりな手術となるため、およそ10日間の入院が必要となります。さらに、患部の腫れなどの関係で術後3~4週間ほどは安静が必要。
  • 手術中の神経損傷によって、下唇やオトガイ(顎の先端)の感覚が麻痺する可能性がある。

受け口(下顎前突)の矯正治療例(Before&After)と解説

受け口の矯正治療例(10代男性・治療期間2年)

八重歯の矯正治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 2年
抜歯 なし
治療費 77万円(税別)
リスク・注意点 ・歯の移動に伴う鈍痛や歯根吸収が生じる場合がある。
・歯が綺麗に並んだ後は、保定処置を行わなければ歯が後戻りする場合がある。
備考 下の顎の過成長

高校生の男子です。反対咬合を気にされて来院されました。ご本人とご家族の強いご希望で、手術と抜歯はしないで治療をしたいとのことで、治療方針をたてました。歯を残すためには、患者さんに対するお願いが増えてしまうことなどを説明させて頂き、スタートしました。大学が決まり、予定よりも装置を早めに外したいとのことで、急遽、矯正装置を外すことになりましたが、ご本人、ご家族は大変満足した頂きました

矯正治療に伴うリスク・注意点について(※一例)

歯科矯正のリスクの詳細はこちら>>

矯正治療(成人矯正・小児矯正)の費用について

※治療費は全て税別となります。

名称 イメージ 特性 料金(税別)
初診カウンセリング 初診カウンセリング 口腔内写真を撮影後、矯正治療について詳しくご説明します。
※レントゲン撮影・シミュレーションが必要な場合には、別途費用がかかります。(各3,000円)

0円

精密検査/診断費 精密検査/診断費

レントゲンやCT、模型などの資料を取り、診断をして、精密診断の結果を患者さまにお話しするまでにかかる費用です。

30,000円
小児矯正 小児矯正 乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。かみ合わせやあごの形、大きさを整え、永久歯がきちんと生えそろうように誘導する治療です。 300,000円
マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト) インビザラインファースト 小児の一期矯正に対応するマウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)です。透明な取り外し可能なマウスピースを使用して歯科矯正を行います。 450,000円
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ) プレオルソ 弾力のあるマウスピース型の矯正装置です。お口周りの筋機能強化と舌の位置や悪癖を改善し、正常な顎骨の成長を促します。 100,000円

MFT(口腔筋機能療法)

MFT 咀嚼、嚥下、呼吸、舌の位置、発音などの正常化を目的としたお口のトレーニングでお口周りの筋機能を鍛えます 【初診】
5,000円
【再診】
3,000円
成人矯正(全体矯正) 成人矯正 歯にブラケットを貼り付けて歯を動かす方法です。一般的な大人の成人の矯正治療です。一般的な金属のブラケットと目立ちにくいセラミックのブラケットをご用意しています。 【メタル】
600,000円
【セラミック】
700,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン) マウスピース矯正(インビザライン) 目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しいアプローチのマウスピース型矯正装置(インビザライン)は、現在、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに600万人以上(※2018年12月時点)を超える患者様が治療を受けられています。 900,000円
iTero(光学印象) iTero マウスピース型矯正装置(インビザライン)を作製するための歯型を採取します。 3,000円
歯科矯正用アンカースクリュー 歯科矯正用アンカースクリュー 通常の矯正装置に加え、歯茎部分の骨に埋めた矯正用のインプラントを固定源として歯を動かします。固定源がしっかりしているため、通常よりも大きく歯を動かせます。 30,000円
部分矯正 部分矯正 1歯から数歯の前歯の歯並びを整えます。
100,000円~400,000円
矯正期間中の処置費 矯正期間中の処置費 初診相談後の定期観察、矯正装置の調整や検査、指導など行います。 2,000円~5,000円
保定管理費 矯正期間中の調整費 矯正治療後、歯の後戻りを抑えるために保定装置をつけ、経過を観察します。 50,000円
便宜抜歯 便宜抜歯 顎骨のスペースが足りず、適切な歯の移動が困難な場合には抜歯をいたします。 5,000円

三鷹で受け口(下顎前突)の治療をお考えの方はぜひ矯正相談へ

受け口(下顎前突)

三鷹miki矯正歯科では、矯正歯科治療を専門に行う歯科医師が受け口(下顎前突)の矯正治療を担当いたします。当院では、歯並びについてお悩みの方が安心して矯正治療を開始できるよう、矯正相談やセカンドオピニオンを実施しております。矯正相談では、患者さんに理解を深めていただけるよう口腔内写真・レントゲン写真・歯列の移動を確認できるシミュレーション動画などを用いて、丁寧な治療説明を行っております。東京都三鷹で受け口(下顎前突)の矯正治療をご検討の方はぜひ、三鷹駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る