子どもの八重歯・叢生の矯正治療例|三鷹miki矯正歯科(矯正認定医の歯列矯正をお安い費用で)

  • 日本矯正歯科学会認定医による矯正治療
  • 日曜日診療(月1回)
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

初診予約・お問い合わせ

  • 子ども矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中
  • 0422-40-3030
  • 東京都三鷹市下連雀3-30-12

子どもの八重歯・叢生の矯正治療例

子どもの叢生(八重歯)の症状について

子どもの叢生

叢生(そうせい)とは、歯がバラバラに生えている歯並びの状態で、八重歯や乱杭歯とも呼ばれます。歯が生えるスペースと歯の大きさが合っていないために、歯が重なって生えたり、まっすぐ生えなかったりします。昨今では、食べ物の軟化によって従来に比べて顎骨が縮小傾向にあり、叢生になるお子さんが増加しています。

子どもの叢生(八重歯)の原因について

上記5つの原因により、歯が綺麗に並ばずバラバラと不揃いな歯列になります。永久歯が生え揃ってから改善することもできますが、顎骨が柔らかい幼少期に行うことで歯を抜かず改善できる可能性が高くなり、さらに治療期間の短縮も見込めます。

子どもの叢生(八重歯)の治療開始時期について

子どもの叢生(八重歯)の治療開始時期については、乳歯が永久歯に生え変わる6歳頃の混合歯列期に行うのが一般的です。使用する装置も取り外しができるため、お子さん自身がある程度管理ができるようになってからがおすすめです。子どもの場合は、成長を利用して顎骨を広げていくため、早い時期に始めることで良好な治療結果を得られたり、歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなります。適切なタイミングで治療を始められるよう、お子さんの歯並びや咬み合わせが気になった際には、歯科医院にて診断してもらうことをおすすめします。

叢生(八重歯)を治療せずにそのままにした際のリスクについて

虫歯・歯周病になりやすい

歯が重なりあっている部分には、食べカスをはじめ、汚れが溜まりやすくなります。さらに、ブラッシングがしにくいため、口臭の発生や虫歯・歯周病リスクを高めてしまいます。

成人矯正で歯を抜く可能性が高い

歯を動かす成人矯正を行う場合には、顎骨の成長が止まっていますので、矯正に必要なスペースを確保するために高い確率で歯を抜くことになります。

咬み合わせの不調

不揃いな歯並びのため、しっかりと咬み合わない部分があります。咀嚼効率の低下をはじめ、顎骨への負担が大きくなることが予想されます。

性格形成にも影響がある

歯の見た目が悪いことで自分に自信が持てず、無意識にお口を隠したり、人前で笑えなくなったりと内向的な性格になる傾向があります。

子どもの叢生(八重歯)の治療法について

叢生子どもの叢生(八重歯)の治療法は、取り外し式の装置を用いて永久歯が正常に生えてくるためのスペースを確保します。

装置によって歯列を広げたり、顎骨の成長を阻害する悪癖や舌の位置の改善、お口周りの筋肉を鍛えながら、将来的にキレイな歯列になるよう誘導していきます。

子どもの叢生(八重歯)の矯正治療例(Before&After)と解説

子どもの叢生の矯正治療例(10代女児・治療期間1年6ヵ月)

子どもの叢生の矯正治療例

年齢・性別 10代女児
治療期間 1年6ヵ月
抜歯 なし
治療費 66万円(税別)
備考 非抜歯矯正

10代の女児です。前歯のがたがたを気にされて来院されました。治療方針は、ご本人の強い希望と分析の結果より抜歯をせず、歯を並べていきました。毎回歯磨きが丁寧で、治療もスムーズに進みました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。

三鷹で子どもの叢生の矯正治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

子どもの叢生の矯正治療

三鷹miki矯正歯科では、歯並び・咬み合わせに精通した日本矯正歯科学会認定医が子どもの叢生(八重歯)の矯正治療を担当いたします。当院では、歯並びについてお悩みのお子さんが安心して矯正治療を開始できるよう、無料矯正相談やセカンドオピニオンを実施しております。無料相談では、理解を深めていただけるよう口腔内写真・レントゲン写真・歯列の移動を確認できるシミュレーション動画などを用いて、丁寧な治療説明を行っております。東京都三鷹で子どもの叢生(八重歯)の矯正治療をご検討の方はぜひ、三鷹駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る