出っ歯の歯科矯正治療例|三鷹miki矯正歯科(矯正認定医の歯列矯正をお安い費用で)

  • 日本矯正歯科学会認定医による矯正治療
  • 日曜日診療(月1回)
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

初診予約・お問い合わせ

  • 子ども矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中
  • 0422-40-3030
  • 東京都三鷹市下連雀3-30-12

出っ歯の歯科矯正治療例

出っ歯(上顎前突)の症状について

出っ歯

出っ歯は、上顎や上前歯が前方に出ていたり、下顎が正常な位置より後ろ側にあることで生じる不正咬合で正式には「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。前歯の咬み合わせが悪く、物を噛み切ることが困難な上、転倒や衝突による前歯の損傷リスクが高いことも特徴です。また、見た目が気になりコンプレックスに感じる方も多く、精神面への影響も大きな歯並びです。

出っ歯(上顎前突)は奥歯喪失や顎関節症リスクが高い

顎関節症出っ歯は、前歯の咬み合わせが悪く食べ物が噛みづらいため、無意識のうちに奥歯の咀嚼頻度が高くなってしまいます。

慢性的に奥歯ばかりを使用することにより、歯や顎への負担が大きくなり、奥歯の喪失リスクを高めてしまいます。また、奥歯を失ってしまうことで顎骨への負担がさらに大きくなり、顎関節症を発症してしまう可能性も高まります。

出っ歯(上顎前突)は口が乾きやすく虫歯・歯周病リスクが高い

虫歯・歯周病リスク出っ歯が原因で意識しなければお口を閉じられない方がいらっしゃいます。このような方は、日中や無意識の睡眠中などにお口が開いていることが多く、口腔内が乾燥しやすくなります。

唾液には細菌の繁殖を抑制する効果や虫歯菌によって溶け始めた歯を修復する働き(再石灰化)があるため、お口が乾燥しがちな出っ歯の方は虫歯・歯周病リスクの増加や口臭の発生など、さまざな影響が懸念されます。

事故(転倒・衝突)による前歯の損傷・喪失リスクが高い

前歯の損傷・喪失リスク出っ歯(上顎前突)の方は、衝突や転倒によって前歯を損傷(破折・脱離など)するリスクが、正常な歯並びの方に比べて約50%も高いと言われています。

破折歯は症状によって歯科用の樹脂や技工物で修復を行いますが、神経は残せない場合が多く、さらに最悪の場合には抜歯と診断されることもあります。

審美性の低下

審美性出っ歯(上顎前突)はお口が常に開いていたり、上唇が盛り上がっていたりなど、口元の見た目をコンプレックスに感じている方も多くいらっしゃいます。

そのような方は、うつむきがちになり、無意識に口元を隠す、人前で笑わなくなるなど、性格形成にも大きく影響する可能性があります。

出っ歯(上顎前突)の原因について

遺伝

上顎が下顎に比べ大きい、下顎が小さい、歯のサイズが大きいや長いなど、骨格や歯の形状は遺伝の影響を強く受けるため、両親のどちらかが出っ歯(上顎前突)だった場合になりやすい傾向にあります。

顎の成長異常

上顎が大きく発達した場合や下顎の成長が足りない場合にも、上顎や上前歯が前方に出やすくなります。

幼少期の悪癖

指しゃぶりをはじめ、箸や鉛筆を噛む癖、舌で前歯を押すなど、幼少期の習慣的な悪癖で出っ歯(上顎前突)になりやすくなります。

フレアーアウト

歯周病や咬み合わせの不調(歯ぎしりなど)によって、少しずつ前歯が前方に広がり、出っ歯になる場合があります。不正咬合は子どもの頃からの習慣が影響することが多いのですが、成人になってからも注意が必要です。

出っ歯(上顎前突)の基本的な治療法

前歯部のみの軽度な出っ歯ではあれば、部分矯正で歯列を整えることもできます。全顎的な矯正が必要な場合には、最終的な歯の傾斜や横顔のラインを考えながら、正常な位置へ歯を並べていきます。歯の傾きや歯の位置によって出っ歯になっている場合には、全体的に奥歯側に歯をずらす、または、抜歯をしてスペースを確保した後、前歯を歯列に収めます。

一方、顎骨的な原因で出っ歯になっている場合には、通常の矯正治療では改善が困難なため、外科的な処置によって、顎骨を正常な位置に動かして歯列を整えます。

出っ歯(上顎前突)の矯正治療の期間と抜歯の関係

出っ歯(上顎前突)の矯正では、前方に出ている歯を後方に下げ、顎骨内へ収めなければならないため、スペースが確保できないことが多く、抜歯が必要となる可能性が高くなります。ですが、三鷹miki矯正歯科では、歯を全体的に後ろに移動させる遠心移動やインプラントアンカーを用いた矯正により、症例によっては歯を抜かず、さらに治療期間の短縮なども期待ができます。

症例の度合いや抜歯の有無によって、多少の変動はありますが、前歯の出っ張りを改善するのに必要な期間は約半年から1年半位となります。その後、奥歯の咬み合わせや前歯も含めた全体的な調整を半年から1年程行いますので、矯正治療終了までの期間は約1年から2年半程になります。

※矯正治療終了後は、リテーナーを使用して、歯の後戻り防止を行っていきます。

出っ歯(上顎前突)の矯正治療例(Before&After)と解説

出っ歯の矯正治療例(20代男性・治療期間2年6ヵ月)

八重歯の矯正治療例

年齢・性別 20代男性
治療期間 1年4ヵ月
抜歯 上の左右1本ずつ
治療費 77万円(税別)
備考 インプラント矯正

20代の男性です。前歯が出ていることを気にされて来院されました。治療方針として上の左右の歯を1本ずつ抜かせて頂いて矯正治療を行いました。治療方針で、左右の奥歯のかみ合わせが異なるのと、治療効率の向上を図るために上の左側の歯グキにネジ(インプラント矯正)を打ちました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。

三鷹で出っ歯(上顎前突)の治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

出っ歯(上顎前突)

三鷹miki矯正歯科では、歯並び・咬み合わせに精通した日本矯正歯科学会認定医が出っ歯(上顎前突)の矯正治療を担当いたします。当院では、歯並びについてお悩みの方が安心して矯正治療を開始できるよう、無料矯正相談やセカンドオピニオンを実施しております。無料相談では、患者さんに理解を深めていただけるよう口腔内写真・レントゲン写真・歯列の移動を確認できるシミュレーション動画などを用いて、丁寧な治療説明を行っております。東京都三鷹で出っ歯(上顎前突)の矯正治療をご検討の方はぜひ、三鷹駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る