非抜歯矯正治療(IPR・遠心移動)|三鷹miki矯正歯科(矯正認定医の歯列矯正をお安い費用で)

  • 日本矯正歯科学会認定医による矯正治療
  • 日曜日診療(月1回)
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

初診予約・お問い合わせ

  • 子ども矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中
  • 0422-40-3030
  • 東京都三鷹市下連雀3-30-12

非抜歯矯正治療(IPR・遠心移動)

三鷹miki矯正歯科では歯を抜かない非抜歯矯正を心がけています

非抜歯矯正

矯正治療の多くは、歯が収まる顎骨のスペースを獲得するため「便宜抜歯」を行うことになります。しかし、便宜抜歯の対象となる歯は健康な天然歯ですので、歯科医師としては維持したいというのが本音です。そのため、三鷹miki矯正歯科では症例にもよりますが、診断や検査に基づき、可能な限り非抜歯での矯正治療を心がけています。

歯を抜かない矯正治療実現のために

三鷹miki矯正歯科では、下記3つの方法を駆使して非抜歯矯正治療の実現に努めております。※下記の方法でも、歯を動かすための十分なスペースの確保が困難な場合や矯正後の咬み合わせ・見た目に悪影響が出る場合には抜歯をご提案いたします。

ディスキング(IPR法)による歯幅の縮小

ディスキング(IPR法)ディスキング(IPR法)とは、歯の側面のエナメル質をヤスリのような器具で削ることによって、一つひとつの歯幅を縮小し、矯正治療に必要なスペースを獲得する方法です。

ディスキング(IPR法)で削る歯のエナメル質は、全体の3分の1程でおよそ0.2㎜~0.5㎜と微量ですので、歯の健康状態に影響はありません。さらに、ディスキング(IPR法)を施す際、麻酔は必要なく、痛みはほとんど感じませんのでご安心ください。

歯を奥側につめる遠心移動でのスペース確保

遠心移動今ある歯の位置を、奥歯側に少しずつ移動させる「遠心移動」で矯正治療に必要なスペースを確保できる場合もあります。

マウスピース型矯正装置「インビザライン」でゆっくりと歯を後方に移動させる方法や一番後ろの顎骨にインプラントアンカー(矯正用インプラント)を埋め込み、そこを支柱として歯を後ろ側へ移動させる方法などがあります。

歯牙の傾斜を改善してスペースを獲得

歯牙の傾斜を改善通常はまっすぐ生える歯が傾いていることにより、歯の移動に必要なスペースが足りない場合もあります。

このような場合には、抜歯を行わずとも歯軸の傾斜をまっすぐにすることによって、矯正治療に必要なスペースを確保します。

非抜歯矯正が行えない症例もございます

上記の方法を行っても、歯を移動させるために必要なスペースを確保できない場合や抜歯をした方が機能面や審美面を向上させることができる場合には、抜歯を検討いたします。矯正治療では、主に前から四番目の小臼歯が抜歯の対象となりますが、診断・検査に基づき、患者さんと相談しながら矯正治療を進めていきますので、どうぞご安心ください。

三鷹で極力歯を抜かない矯正治療をご希望の方はぜひ無料相談へ

歯を抜かない矯正治療

三鷹miki矯正歯科では、歯並び・咬み合わせに精通した日本矯正歯科学会認定医が極力歯を抜かない矯正治療を心がけています。当院では、歯並びについてお悩みの方が安心して矯正治療を開始できるよう、無料矯正相談やセカンドオピニオンを実施しております。無料相談では、患者さんに理解を深めていただけるよう口腔内写真・レントゲン写真・歯列の移動を確認できるシミュレーション動画などを用いて、丁寧な治療説明を行っております。東京都三鷹で極力歯を抜かない矯正治療をご希望の方はぜひ、三鷹駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る