すきっ歯の歯科矯正治療例|三鷹miki矯正歯科(目立たない歯列矯正をお安い費用で)

(2020年10月より)一部診療日・診療時間変更のお知らせ

  • 矯正歯科治療を専門に行う歯科医師
  • 日曜日診療(月1回)
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

初診予約・お問い合わせ

  • 子ども矯正/大人矯正
  • 矯正相談実施中
  • 0422-40-3030
  • 東京都三鷹市下連雀3-30-12

すきっ歯の歯科矯正治療例

すきっ歯(空隙歯列)の症状について

※矯正治療は自費診療となります。

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間ができている状態で正式には空隙歯列(くうげきしれつ)と呼ばれる不正咬合です。隙間に食べ物が挟まりやすいため、虫歯・歯周病リスクを高めることや歯の動揺、発音障害や審美障害など、さまざまな悪影響が予想されます。

虫歯や歯周病になりやすい

虫歯や歯周病歯と歯の間に隙間があると、食べ物が挟まりやすくなります。歯間の汚れは、ブラッシングでも落とすのが難しいため、汚れが溜まり虫歯や歯周病になりやすくなります。

さらに、歯周病症状が悪化すると歯の動揺が激しくなり、さらにすきっ歯を悪化させる要因となるため、早めの改善をおすすめします。

発音・発声がしづらい

発音・発声すきっ歯の症状や場所にもよりますが、歯と歯の隙間から空気が漏れることにより、発音・発声に支障をきたします。

特にサ行・タ行の正しい発音・発声がしづらくなるため、円滑なコミュニケーションがとれなくなる可能性もあります。

咀嚼がしっかりできない

咀嚼歯間に隙間があることで咬み合わせが悪くなり、正常な咀嚼ができなくなります。

咀嚼効率の低下によって、食べものを大きなままで飲み込むようになると、消化器官にも負担がかかり、結果として腹痛や下痢などの消化不良を引き起こしやすくなります。

コンプレックスに感じる

コンプレックスすきっ歯は他の歯列同様に見た目の悪さ(審美障害)が問題となります。

特に前歯の真ん中に隙間ができる「正中離開(しせいちゅうりかい)」は、コンプレックスに感じる方も多く、無意識のうちにお口を隠したり、人前で笑えなくなったりと性格形成への悪影響も懸念されます。

すきっ歯の歯は、抜歯リスクが高い?

私たちの歯は、隣合う歯や咬み合わせの対となる歯によって、咀嚼時の力を分散し、一つの歯にかかる負担を軽くしています。しかし、すきっ歯のように隙間がある場合には、噛む力が分散されないため「咬合性外傷」を引き起こす可能性が高くなります。

咬合性外傷は過度な咬合力により、歯根膜や歯槽骨に損傷が起きる症状で、痛みを感じたり、歯周病症状の悪化によって抜歯リスクを高めてしまいます。

すきっ歯(空隙歯列)の原因について

歯の数が生まれつき少ない(先天性欠如)

生まれつき歯の本数が少ない先天性欠如の場合には、顎骨のスペースが余ってしまうことですきっ歯になりやすくなります。

歯が多い(過剰歯)・歯茎に埋まったままの歯がある(埋伏歯)

生まれつき歯が多い過剰歯は、歯茎の中に埋まったままになることが多く、その歯が邪魔となって歯間に隙間ができる場合があります。※正常な数でも埋伏歯がある場合は同じようにすきっ歯になりやすくなります。

歯のサイズが小さい

顎骨に対して歯が小さかったり、形が悪かったりすると隣の歯との間に隙間ができ、すきっ歯になりやすくなります。

上唇小帯の異常

上唇と歯茎をつなぐ筋(上唇小帯)は、通常は成長に伴い小さくなりますが、正常に退縮しない場合に上唇小帯が前歯に間に入り、すきっ歯になることがあります。

幼少期の悪習慣

歯の内側から慢性的な力が加わる指しゃぶりや舌で前歯を押すなどの幼少期の悪習慣によって、歯の隙間が広がり、すきっ歯になりやすくなります。

歯周病による歯の動揺

歯周病の重症化によって、歯の動揺が大きくなると歯間に隙間が生まれ、すきっ歯になりやすくなります。

すきっ歯(空隙歯列)の基本的な治療法

すきっ歯を改善するためには、先ずはどのような原因で歯間に隙間ができたかを調べる必要があります。歯茎に埋まったままの過剰歯や正常に生えてこなかった埋伏歯、上唇小帯の異常が原因の場合には外科処置で根本的な原因を解消する必要があります。歯周病が原因の場合には、一般歯科の担当医師と連携を図りながら、矯正治療の準備や開始するタイミングを検討します。

また、幼少期からの悪癖が原因の場合には、筋機能療法で悪癖の改善とともに歯並びを整えていきます。それぞれの根本的原因を解消した後に、全体的な咬み合わせ等を考慮して、ゆっくりと歯を適切な場所へ動かしていきます。

矯正治療に伴うリスク・注意点について(※一例)

歯科矯正のリスクの詳細はこちら>>

矯正治療(成人矯正・小児矯正)の費用について

※治療費は全て税別となります。

名称 イメージ 特性 料金(税別)
初診カウンセリング 初診カウンセリング 口腔内写真を撮影後、矯正治療について詳しくご説明します。
※レントゲン撮影・シミュレーションが必要な場合には、別途費用がかかります。(各3,000円)

0円

精密検査/診断費 精密検査/診断費

レントゲンやCT、模型などの資料を取り、診断をして、精密診断の結果を患者さまにお話しするまでにかかる費用です。

30,000円
小児矯正 小児矯正 乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。かみ合わせやあごの形、大きさを整え、永久歯がきちんと生えそろうように誘導する治療です。 300,000円
マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト) インビザラインファースト 小児の一期矯正に対応するマウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)です。透明な取り外し可能なマウスピースを使用して歯科矯正を行います。 450,000円
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ) プレオルソ 弾力のあるマウスピース型の矯正装置です。お口周りの筋機能強化と舌の位置や悪癖を改善し、正常な顎骨の成長を促します。 100,000円

MFT(口腔筋機能療法)

MFT 咀嚼、嚥下、呼吸、舌の位置、発音などの正常化を目的としたお口のトレーニングでお口周りの筋機能を鍛えます 【初診】
5,000円
【再診】
3,000円
成人矯正(全体矯正) 成人矯正 歯にブラケットを貼り付けて歯を動かす方法です。一般的な大人の成人の矯正治療です。一般的な金属のブラケットと目立ちにくいセラミックのブラケットをご用意しています。 【メタル】
600,000円
【セラミック】
700,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン) マウスピース矯正(インビザライン) 目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しいアプローチのマウスピース型矯正装置(インビザライン)は、現在、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに600万人以上(※2018年12月時点)を超える患者様が治療を受けられています。 900,000円
iTero(光学印象) iTero マウスピース型矯正装置(インビザライン)を作製するための歯型を採取します。 3,000円
歯科矯正用アンカースクリュー 歯科矯正用アンカースクリュー 通常の矯正装置に加え、歯茎部分の骨に埋めた矯正用のインプラントを固定源として歯を動かします。固定源がしっかりしているため、通常よりも大きく歯を動かせます。 30,000円
部分矯正 部分矯正 1歯から数歯の前歯の歯並びを整えます。
100,000円~400,000円
矯正期間中の処置費 矯正期間中の処置費 初診相談後の定期観察、矯正装置の調整や検査、指導など行います。 2,000円~5,000円
保定管理費 矯正期間中の調整費 矯正治療後、歯の後戻りを抑えるために保定装置をつけ、経過を観察します。 50,000円
便宜抜歯 便宜抜歯 顎骨のスペースが足りず、適切な歯の移動が困難な場合には抜歯をいたします。 5,000円

三鷹ですきっ歯(空隙歯列)治療をお考えの方はぜひ矯正相談へ

すきっ歯(空隙歯列)治療

三鷹miki矯正歯科では、矯正歯科治療を専門に行う歯科医師がすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療を担当いたします。当院では、歯並びについてお悩みの方が安心して矯正治療を開始できるよう、矯正相談やセカンドオピニオンを実施しております。矯正相談では、患者さんに理解を深めていただけるよう口腔内写真・レントゲン写真・歯列の移動を確認できるシミュレーション動画などを用いて、丁寧な治療説明を行っております。東京都三鷹ですきっ歯(空隙歯列)の矯正治療をご検討の方はぜひ、三鷹駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る